交通事故の後遺症が出る時期は特定できない!備えておくことが重要!

交通事故を起こしたときには、傷を負っていなくても病院に行くことが重要です。交通事故ではどのような症状が出るかは、症状が出るまで分からないからです。病院に行けば精密検査を受けることができます。その精密検査を受けることで、交通事故との関連性を示す証拠にできます。

ここでは後遺症が出たときに困らないように、後遺症に備えるために重要なことを解説していきます。

交通事故で怖いのは後遺症

交通事故では身体にどのような影響を与えるかは予想できないことがあります。これは交通事故が起きたときに、身体全体へ衝撃が加わるためです。身体全体への衝撃は症状が出るまでに時間がかかることがあるのです。例えば、むち打ちなどは事故当初に出ないことは多いです。

生活をしているうちに段々と痛みが出てきて、耐えられない痛みになるということもあるでしょう。そうなって初めて、むち打ちが後遺症として認識できます。しかし、痛みを感じないままずっと過ごしていて、急に痛みが発生することがあるのです。

その時には深刻な症状に発展している可能性が高いです。そこまで深刻ではなくても、後遺症で悩む人は多いです。後遺症が出るかどうかは医師でも判断がつかない場合があります。それでも、病院で診察をしておくことが重要です。

診断書が残っていることで、その後の展開が有利になることがあるからです。

身体全体を打つ交通事故は何が起きるか分からない

一般的には傷を負ったりすることが、交通事故では重要に見えます。しかし、目に見える傷にだけ注目していると、他の症状を見逃すことがあるのです。身体に強い衝撃を受けると、身体は悲鳴を上げることがあります。ただし、その悲鳴を上げているのは、痛みを感じにくい臓器かもしれません。

そうなると、臓器の悲鳴は痛みになりません。結果として、時間が経ってから重傷になることがあります。身体の一部だけをぶつける怪我とは違って、交通事故ではそのようなケースが多いです。身体全体への衝撃というのは、日常生活では受けることがないことです。

そのため、対処法が分からない人も多いでしょう。交通事故はそんな数少ない出来事の一つになっています。それを考えると、対処法を誤らないことが重要です。

自覚症状がなくても後遺症が残ることもある

交通事故で後遺症が残るときには、必ずしも自覚症状があるとは限りません。自覚症状がないまま、後遺症が残ることもあります。あとになって気づいたときには、保険で治療を受けられないということがあるのです。特に自覚症状がない後遺症の場合、深刻なケースが多いです。

例えば、気づいたときに身体が動かないなどの重体に陥ることがあります。これは痛みを感じない部分を損傷していて、その後に症状が悪化したときに身体が動かなくなるケースです。このような場合には、自覚症状がないために早期発見は難しいかもしれません。

重傷になってから気づいても手遅れになる可能性があるのです。そうならないように精密検査を受けて、医師の判断に委ねることが重要でしょう。

耳に関する交通事故の後遺症について

医師の診断が重要なポイント

医師の診断は交通事故を起こしたときには、重要なポイントになります。医師の診断書がなければ、保険で治療が受けられなくなるからです。その他に医師の診断書がなければ、後遺症を証明することもできません。ただし、医師の診断があっても、保険会社は納得しないこともあります。

そのようなときでも、医師の診断書は有利な武器になります。保険会社は医学に詳しいわけではありませんので、そこに関して異論を唱えることができないからです。治療方法や治療期間を決めるのは医師と本人です。そこにクレームがつかないように、医師の診断書を確実に取っておくことが重要です。

診断書は依頼すれば出してもらえますので、しっかりと確保しておくことが大事になります。

交通事故の後遺症の等級認定について

因果関係をはっきりさせるために、始めに病院に行くことが大事

後遺症はいつ出るかは分かりません。

そのため、交通事故との因果関係がはっきりしない場合があります。しかし、そのようなときでも事故後すぐに診察した診断書があれば、事故との因果関係を証明することができるのです。

精密検査などのカルテが残っていれば、後遺症が起きる可能性を見つけることができるでしょう。

ただし、始めに病院に行っていないと医師としては判断がつかないことがあるのです。そうなってしまうと、保険会社はその点を問題視します。保険会社の言い分が通れば、後遺症として認定されないこともあるのです。交通事故が原因の後遺症だとしても、因果関係を証明できなければ治療費や慰謝料を請求できません。

その点を考えると、最初に病院へ行くことが重要だと分かるでしょう。

時期が決まっていないからこそ準備が必要

後遺症が出る時期は決まってません。そのため、後遺症がでないことも考えられます。そう考える人は、後遺症の準備をしないことが多いです。準備をしていないと、結局は損をすることになります。備えあれば憂いなしの言葉通り、後遺症が出ると仮定して準備をしておくことが大事なのです。

病院に通って診断書をもらっておくことや、医師の指示で治療をすることなどを実行しておきます。それらをしておくと、後遺症が出たときにスムーズに次のステップに進むことができます。保険会社との話し合いはこちらが有利な状況で進めることが重要です。

何も準備ができていない状態で話し合いをしても、保険会社が有利になることは間違いありません。保険会社はプロですので、話し合いを有利に進める色々な用意があるからです。後遺症が出ても困らないようにあらかじめ準備しておくと、後遺症が出ても問題なく対処できるでしょう。

後遺症が出たときに対処するポイント

後遺症はいつ出るか分かりませんが、対処するポイントがあります。ポイントとしては、専門家に依頼することです。後遺症を保険会社に認めさせるには、医学の知識と法律の知識が必要になります。両方を持っている人は少ないでしょうから、それぞれの専門家に対処できるように依頼します。

医師からは診断書と医学知識をもらい、弁護士からは法律的なアドバイスをもらいます。そのようにしておくと、後遺症が出ても適切に対処できるのです。このようなことを知らないと、後遺症が出たことに驚いて何もできなくなります。

そうなってしまうと、保険会社は上手く丸め込もうとするのです。後遺障害認定で支払う慰謝料よりも安い示談金で、すませようとすることも考えられます。そうならないように、対処法を知っておくことが大事になります。

後遺障害認定を取れるようにしておく

後遺症が出るとは限りませんが、後遺障害認定を取れる用意をしておくことは大事です。医師と相談して、後遺症が出た場合などの対処法を相談しておきます。それが必要ない方がいいですが、必要になったときに慌てて用意するよりは事前に準備しておいた方がいいでしょう。

確実に必要になるものではないですので、時間をかけて用意しても問題はありません。ただ、準備をしておくということが重要なのです。